おススメ情報局

気ままな日記と、おススメ情報をお届けします! (たまにおススメでない物も・・・)

野球

少年野球チームの選び方

490838


少年野球にかかわって、20年ほど。

長男が少年野球チームにお世話になってから、私だけが関わり続けています。



最近、野球を取り巻く環境の変化、そして少年野球チームを取り巻く環境の変化を感じます。

一番感じるのは、子どもたちの成長や将来に対して真剣に向き合って、勝敗を抜きにした「育成」をきちんと勉強している指導者のいるチームと、旧態依然とした子どもに無理を強いる「勝利至上主義」のチームです。



例えば、公立学校でも最近は「坊主頭」の強制禁止が増えてきていることです。

甲子園に出場するようなチームであっても、頭髪が自由なチームもありますし、プロ野球の選手や大リーガーのヘアースタイルを見れば、坊主頭にする合理的な説明はまったくありません。

しかしながら、昔ながらの指導を「是」とする古い指導者の多いチームほど、坊主頭を推奨する風潮があります。

また、指導者同士の合意形成も、居酒屋での古い「呑みゅにケーション」に頼っているチームもまだまだ多く存在します。

吞むことそのものを否定するわけではありませんが、大抵、その場では「愚痴」「批判」などのマイナスの要素が発生しやすくなります。



また、チームによっては「声」の大きい人の意見が通りやすい、また野球の経験の有無が絶対視されているチームも要注意です。

民主的に運営されているとは思えないチームのほとんどがこうした人が絶対的に君臨しています。


ベンチ内での会話でも、子どもたちに対する乱暴な言葉づかいも多くみられます。



一方で、指導者が定期的に勉強会を開いたり、講習会などに参加して知識を高めたり、未経験者の父兄に対しても、親切にルールなどを教えてくれるチームもあります。




私は、小学生の年代で体験できるチームとすれば、こうした勉強熱心な指導者がたくさんいるチームをおススメします。

不思議と思われるかもしれませんが、チームの成績が良いチームほど、えてして「故障者」が多く発生してしまい、その後の生涯スポーツになるかもしれない野球人生を、狂わせてしまうこともあります。

実際に、私の長男もその被害者だったと思います。

私も若気の至りで、勝利のための犠牲を息子に強要してしまっていました。

今考えると、本当に申し訳ないことをしたと大いに反省しています。



小学生のチームの勝敗なんて、本当にちっぽけなことです。



どうか、多くの小学生が、良い少年野球チームに出会うことを心から願ってやみません。






少年野球の今後の運営

1885495


新型コロナの影響で、軒並み大きな広域の大会は中止を余儀なくされています。

私も関わっている大会も、何とかやれるように方法論など検討していましたが、地域によっては全面的に対外試合が禁止されているグランドもあるようで、大会に参加できるチームが少ない状況の中、来年に延期することを決断しました。

子どもたちのことを考えると、やってあげたい気持ちが本当に強かったのですが、グランドの条件など難しい面が多く、広域の大会よりも地元の大会から少しずつ広げていくべきだろうという判断です。

小学校のグランドも、万が一試合によって感染があったと認められた場合には、その小学校は2週間の休校になってしまうそうです。

そんなご迷惑をおかけすることもできず。。。





今後の運営に関しては、地域の状況をよく把握して、なるべく開催できるようにしたいなーと思っています。




プロ野球の再開に期待!

490838


ついに、プロ野球が6月19日に開幕を迎えます。

少しずつではありますが、確実に日常を取り戻しつつあると感じます。

そろそろ少年野球も活動を再開しているのかと思いつつ、状況を各チームにヒアリングしてみましたが、まだ活動をする公園やグランドの使用ができないために、自粛中というチームが多いようです。

そして、夏の大会のほとんどは、中止を余儀なくされているようです。



私の関係している大会は、これから各地区のチーム状況をヒアリングした上で、対策を考えていく予定ですが、例年と同じというわけにはいかないというのが現実です。

ただ、子どもたちのせっかくの楽しみを大人たちの努力で、何とか少しでも実現してあげたいです。



試合となると、どうしても移動の手段が車ということになり、密になりがちです。

夏場の移動ともなると、エアコンを入れないと熱中症の恐れもあるため、密閉空間は避けられません。

現実との折り合い、どうにかしてあげたいなー。

例年ならリーグ戦で地域をまたいで4〜5試合、その後決勝トーナメント戦方式なので、地方予選方式でなるべく移動の少ない対戦でトーナメント戦を勝ち上がったら、秋に決勝トーナメントを組むとか。



大人の知恵を集めるときですね。







子供たちのサイダーかけが名物?!湘南リーグ親善少年野球大会

日曜日に、運営委員を務めている少年野球大会の決勝戦と閉会式が無事に終わりました。

大会は、「湘南リーグ親善少年野球大会」です。

私が栄区の窓口として第1回大会から関わって、今年は13回目。

ということは、13年も携わっているのですね。

2019-12-08 09.06.12


大会の会長は、地元の元衆議院議員の浅尾慶一郎さんです。

例年、浅尾会長の母校である「栄光学園」のグランドを決勝戦にお借りしております。



横浜市栄区、鎌倉市の8チームで始まったこの大会も、今では横浜市金沢区、藤沢市、逗子市と広域の大会で、高学年は21チーム、低学年は11チームになっています。

そして昨年からは「鎌倉ビール」の今村社長さんのご厚意で、子供たちに「ビールかけ」ならぬ「サイダーかけ」のためのサイダーをご提供いただいています。

子供たちには大好評で、ちょっとした話題になっています。

2019-12-08 14.15.59


ちなみに、このレインコートも鎌倉ビール様からのご提供です。



毎年、結局最後は盛り上がるわけなのですが、ここまで漕ぎつくまでは結構苦労が多くて、試合の調整や審判手配など、みんなで力を合わせています。

私は今年は低学年と高学年の決勝戦、2試合を審判として入るつもりだったのですが、1試合目は無事に2塁塁審を完遂できまして、2試合目。

高学年の1塁塁審をしている時に、まさかの右足ふくらはぎに違和感を感じて名誉の負傷ということで交代していただきました。。。(残念!)

まだまだ日頃の鍛え方が足りないと反省しきりです。



さて、あと何年頑張れるかな。

湘南リーグ親善少年野球大会、開幕!

私が運営委員として関わらせていただいている少年野球大会「湘南リーグ親善少年野球大会」が、本日開会式を無事に終えていよいよ開幕しました。

2019-05-11 09.16.05


新しい元号「令和」になり、初めての大会です。

とても立派な選手宣誓でした。

大会参加チームは、横浜市栄区、横浜市金沢区、鎌倉市、藤沢市、逗子市の各地域から高学年は21チーム、低学年が11チームの参加です。

昨年から鎌倉ビールさんのご厚意で、優勝チームにはビールかけならぬ「サイダーかけ」をさせていただくために特製サイダーまでご用意していただきます。

昨年夏には、鎌倉ビールを飲み放題に飲ませていただきました!

今村社長、太っ腹!



この大会、今年で13回目です。

1回目から運営に携わってきましたので、かれこれ13年かぁ〜なんて気持ちになりました。

大会の会長は、これまた1回目から前衆議院議員の浅尾慶一郎会長。

今年衆参同時選挙があれば、ぜひ衆議院議員として復活して、また大いに大会を盛り上げていただきたいです!

この大会でご縁をいただいて、浅尾さんと同じ学年だと知ってからはお互いにとても距離が縮まりました。

とても広い人脈でいろいろな方とのご縁もいただき、今では事務所も私の教室の上の階にお引っ越ししてきていただいています。(笑)



今年の始球式は、先日のバーベキューでゴムボールで練習した甲斐も無くて大暴投でした。(笑)



他の地域との交流をしながら(リーグ戦)、決勝トーナメントを目指します。

11月に最後の栄冠を手にするチームは、どこになるかな?

頑張れ!野球少年たち。





プロフィール

キリマンジャロ

「パソコン教室」と「PCサポート事業」を経営。
仕事では愛車のバイクで駆けつけます。
趣味はツーリングと、軽登山。今の目標は「ソロキャンプ」

QRコード
QRコード