おススメ情報局

気ままな日記と、おススメ情報をお届けします! (たまにおススメでない物も・・・)

「日頃の行ない」を占う

2023-05-21 15.28.01


先週末に、久しぶりに泊りでツーリングに行く計画を立てました。

計画は、今週の金曜日、授業が終わった午後から出て、和歌山まで。

おそらく到着は夜9時ごろ。

翌朝(土曜日)、道の駅「四季の郷公園」、その後奈良の道の駅「なら歴史芸術文化村」、最後は愛知県の道の駅「したら」です。

なぜそこか?

その答えは、こちらでした。

2023-06-07 22.17.44


2023-06-07 22.18.18


「18」-->「17」-->「14」というわけです。

まずは遠いところから攻めていこうかと。

ただ、お天気がとても不安です。

当初の予定では、金曜日の雨の確率がとても高くて。。。



でも、生徒様に励まされました。

「日頃の行ないだよ!」

そうか!

それならきっと、大丈夫なはず!!(笑)



というわけで、決行しちゃうよーー!

応援してくださる方、雨にならないように祈っていてくださいね!

今回のツーリングは、日頃の行ないを占うことになりそうです。








「ChatGPT」の講座をどのように進めたらよいのか・・・

23742308


あまり使っていなくて、実は自信が無いのがこの分野。

「ChatGPT」

生成AIだそうです。

どうも、先行して学ばれている方々の発信を見るたびに、気後れしてしまって、徐々に距離を離されている感じがします。

そこで、思い切ってまずは教室の生徒様向けに、講師を務めることで知識の不足している部分を補おう。



そう思って、講座を開催することにしました。

「ChatGPTを見てみよう!」6月14日(水)13:30〜 Zoomにて1時間

あくまでも、シニアの生徒様を対象とした内容ですので、本当に触りくらいになるのかもしれません。

ご興味をお持ちでご参加ご希望の方は、講座名をクリックしてから開くページから、どうぞ。



で、資料をまとめるにあたり、「ChatGPT」の力を借りたらどうなんだろう?と思ってみたら、これ、正解ですね。

対象者が「シニアの生徒」で、解説も詳しいバージョンと要約バージョンが出来上がりました。

なるほどね。

横須賀市の取組から見えてきた、使い方のヒントなども入れながら、簡単に1時間程度で見てもらえそうな感じに資料が仕上がりました。



ふーん。なるほどね。

こうやって使うと、仕事、メッチャ効率が上がりますね。

今さらながら、ChatGPTの力を再認識しました。

これ、便利だよ。やっぱり。



というお話しでした。





顔の見える街づくりのために

2023-06-04 10.03.05-1


昨日は、町内会の子ども会のイベントに参加してきました。

子ども会の役員の皆さんは本当に熱心で、自分も一緒に子ども達と参加しても、楽しくなります。

今回のイベントは「竹で遊ぼう」でした。

市民の森愛護会の有志のご協力により、竹を使っていろいろな物を作ってみようというイベントです。



最中に、隣の町内会の親子連れの方が、

「これ、こちらの町内会でなければ参加できないのですか?」

と聞かれました。

「どうぞ!」

と申し上げましたら、

「私たちの町内会ではこうした楽しいイベントが無くて・・・・」

と。



本当に子ども会の役員の皆さんに感謝です。



実は、今年の夏まつりには、子ども会の会員には何か特典を付けてあげたくて、50円を5枚つづりのチケットを発行して楽しんでもらうという企画を試そうと思います。

少しでも、町内会や子ども会に所属していて良かったと思っていただけることを考えることがとても大切だと思っています。

顔の見える街づくりのために。






町内会の存在意義

2136080


町内会長をやっていると、いろいろな情報が来ます。

今日も、町内区域内での水道工事のお知らせがあり、付近の住民には説明するが留守宅には書面だけ入れるのでフォローして欲しいという。

その他、小学校や中学校の通学路について、要望があれば聞くという。

また、近隣小中学校の運動会にも招待されます。



ふと、町内会の存在意義を考えることがあります。

最近思うのは、住んでいる住民のためというよりも、行政や工事を進める人たちが、情報を共有するための窓口の役割が大きいと思います。

そう考えると、行政からの依頼事項の多いこと。

やれ、選挙があれば投票管理者、投票立会人、投票従事者を選任しなければなりません。

国勢調査があれば、調査員を選任します。民生委員もしかり。

いろいろな場面で、都合よく使われているとも言えます。



「今まで通り」という先入観から思考を放棄した状態、もしくは町内会の役員や会長が一年交代の町内会や自治会は、それが必要なのかどうか、お断りしても良いものかどうかの判断もつかないのが現状ではないのでしょうか。



これからの町内会を考えると、こうした現状を少しでも多くの役員や会員に情報共有して、不要な物はどんどん省略する方向で次世代にバトンタッチしなければ、増えるばかりだと懸念しています。

理想が高いことは大いに結構なことですが、現実に合わせることも必要です。



例えば、防災訓練。

何度も書いていると思いますが、大人数分の炊き出し訓練など、ナンセンス。

もちろん、町内会として発電機や燃料などを蓄えていざというときに備える必要は感じますが、今どき、数十人分の炊き出しをすることの不合理に気付かないでいるお年寄りの多いこと。



町内会の存在意義を、再定義しなければならない時期に来ていることを実感しています。








さすがの現役先生の対応

081805


先週、テスト前だからという理由で「情報」の授業は自習でした。

個人的に納得はしていませんが、学校の方針らしいので、それはそれで大人の対応をしなければなりません。

自習時間の監督として、先週は従事していたわけです。

でも、これも新しい経験と言えば新しい経験なので、発見はあるわけです。



で、その自習の監督をしていた時に、対応に困ったことがありました。

実は、授業の最初に出欠を取るのですが、その時に欠席者の名前を確認して自習時間が始まりました。

その後、念のために教室に在室している人数を確認したのですが、どうも数が合いません。

何度も何度も、数えますが、やはり一人足りません。

どうやら、一人エスケープしてしまったらしいのです。



すぐに、クラス委員長に

「何度も確認しているけど、どうしても人数が合わない。どういうことなんだろうか」

と確認してみましたら、

「あー、〇〇がいませんね。あいつ、すぐいなくなるんですよ」

とのことでした。



一応、授業の最後までに帰ってくることを願いつつ、戻らない事実は消えず、でも出欠を取った時点では在室していたので、今週、担当の現役先生に報告しました。

すると、

「事実なら、呼び出しになりますね。大事にはしたくないので、任せていただけますか?」

とのことでしたのでお任せいたしました。



今週になり、そのクラスの生徒が来ました。

エスケープしていた女子生徒もいます。

通常通り授業が終わりました。

現役先生のお手並み拝見です。



先生「〇〇、ちょっと来い」

生徒「・・・はい・・・」

先生「先週な、自習だっただろ。その時間、ちゃんと教室にいたか?」

生徒「すみません。体調が悪くて保健室に行っていました・・・」

先生「そうか。ちゃんと行く前に先生に言ったのか?」

生徒「・・・いいえ」

先生「そうか。分かった。そういう時はちゃんと言わなきゃダメじゃないか。」

生徒「・・・はい。気を付けます」



ここまでは、予想の範疇でしたが、その後

先生「キリマンジャロ先生な、いなくなってすごく心配してたって。」

生徒「すみません!」



私は心の中で

(いやいや、私が心配していたのは自分のこうしたときの対応と、そのあとの生徒の処分なんだけどな・・・)

と思っていましたが、この現役先生、さすがですよね。

生徒には「ちゃんと見ているからな」という気持ちを持たせつつ、

それは「心配しているからだぞ」という、あくまでも生徒に寄り添う言葉で

しかも「キリマンジャロ先生が心配していた」と、監督していた私の立場にも配慮したしかり方でした。



現役の先生は私よりも若いです。私から見ると、授業の知識的にはやや不足している部分も、物足りない部分もありますが、でもでも、やっぱりこうした対処はさすがでした。

いやー、K先生、さすがです!















久しぶりの健康診断

885357


春からの高等学校の非常勤講師勤務に伴い、本当に久しぶりに健康診断を受けてきました。

皆さん、健康診断を毎年受診されているのかな。

それにしても、最近の健康診断、とてもシステマチックなのですね。

以前は、会社勤めだったので会社に健康診断車が来て、レントゲンなどもそこで完結していましたが、今回は近所の病院です。



まずは、予約の連絡をしたらとても先の予約しか取れませんでした。

やっぱり春は混雑しているのでしょうね。

そのために、5月末になってしまいました。



検診日前には、ヒアリングシートと検便セット。

いやー、何年ぶりでしょうか。検便。苦手。。。

自分の大便、見ませんよね。。。苦手。。。

そこから検体を取る。苦手。。。

もうね、そこですでにめげていました。



何とか無事に検体を取って、当日を迎えます。



受付で持ち物確認、そして更衣室に案内されて、日帰り温泉の浴衣のようなものに着替えさせられました。

その後、フロアを移動します。

待合室でまずするのが、採尿。

これは、案外得意かも。(笑)

簡単。



次に、レントゲン撮影、そして心電図、採血・血圧測定、聴診、採寸、検眼と進みます。

中でも苦手なのは、採血。チクッとした後、結構な量を取りますね。。。

身長と体重を同時に測れる測定器は、面白かったかな。

胴囲が思ったより数値が低かったので、今後のスラックス選びの参考になります。

今までワンサイズ上で購入していました。

もしかしたら、最近、重い大型バイクのせいで引き締まったのかも。(妄想)



最後に、お医者様と対面で、聴診器を当てて診察してくれました。

どうやら、血圧が少し高めだそうで、あとは今日見れる分は異常なし。



2週間後にすべてのデータが揃ったら、また何かがわかるのかな。



久しぶりの健康診断は、大事にならずに済みそうです。

でも、いつもここから「γ-GTP」の値によって再検査とか面倒なんですよね。

今回は週末に飲みすぎた影響がどこまで残っているか。。。





父母の役割、祖父母の役割

606764


今日は健康診断でした。

朝食も食べずに行かなければならなかったのですが、終わった11時に、こってりラーメンで有名な「天下一品」に行ってしまいました。

2023-05-30 11.28.16


うーん。これで良かったのだろうか。。。



そんなことを考えながら、ふと交差点で祖父母が小さなお子さんのベビーカーを押している幸せそうな笑顔を見ました。

そういえば、孫ができた方たちは「孫は特別!」とよく仰います。

ふと、そんな姿を見ながら

「なんで孫は特別だと祖父母は認識するのか?」

と考えてみたりしちゃいました。



私の中での結論は、子育てでの役割の違いではないかということです。



自分を振り返ってみると父母という立場は、当たり前ですが自分たちにとっての初めての子育てになります。

アレコレ考える余裕がなく、とにかく一人前の大人にするためには、時に厳しく接する機会もありました。

特に、今思うと男の子である息子には、将来、自分自身が感じた困難にも負けない大人になって欲しいと願い、ついつい厳しくしたかもしれないと時々思い出して反省します。



でも、交差点で見た祖父母の笑顔は、無条件の愛情そのものでした。

自分の父母も、私の息子、娘のこととなると、本当に大好きなんだなって思える顔をしていました。



そんなことを考えながら、帰りの車の中でラジオのリスナーからの手紙を読むくだりがありました。

「私は本当におじいちゃん、おばあちゃんが大好きでした。いつでもおじいちゃんとおばあちゃんは私の味方でした。・・・・」



あぁ、そうなんだよね。

どんな時でも、自分を信じてくれる存在、自分を愛してくれる存在、そんな役割が祖父母に与えられているんだなって思いました。



私自身は、祖父母とは早くに死別してしまったので、そんなに記憶がありません。

でも本当は子育てのためにはやっぱり祖父母の力を借りるのが自然なのかもしれませんね。



交差点で偶然すれ違った、祖父母とベビーカーの小さな子供の笑顔を見て、ふと私自身が笑顔になっていることに気付きました。



ロボット教室、プログラミング教室に、小学生、中学生、高校生が多く通ってくださっています。

その親子関係を見ていると、自身の子育て真っ最中の時の余裕のない頃を思い出し、今の私たちには「祖父母の役割」が与えられていると感じました。









週末の飲み会は懐かしい方と

065628


週末、久しぶりに飲み過ぎました。

日曜日は二日酔いで連合町内会の会合へ。



週末メンバーは、前職にお世話になっていた方たち。

お一人は、今でもお仕事でお世話にもなっている方で、前職では取締役までお勤めされた方。

その方のお声がけで、私のような中途退社した人間に会いに来てくださる方がいらっしゃることは、本当にありがたい限りです。



お声がけされた方のお一人は女性。

私が現役でお仕事をしている時には、役員秘書室のチーフまで勤めた方でした。

そしてもうお一人は、私よりも10歳ほど年上の、私が店長時には先輩店長でした。

この方、私が在職中、特殊な任務で不採算店舗の立て直しを仰せつかって、赤字を減らした実績をとても評価してくださった方で、いろいろなアドバイスもいただいた方です。

私は退職してしまったので存じ上げなかったのですが、その後、役員になられ、子会社を作ってその子会社の社長までされていたようでした。



「懐かしいなー、君は本当に独創的なアイディアと行動力で、面白いやつだと思っていたんだよ」

って言ってくださいました。

残念ながら、私のわがままで、会社が一部上場を果たしてすぐに辞めてしまいましたので、本当にお久しぶりでしたが、懐かしいお話などを聞かせていただいて、本当に盛り上がっちゃいました。



私は、前職の現役社員とは一緒に会食しないという自分なりのルールで過ごしてきたので、そろそろ自分自身が還暦を迎えるころなので、お世話になった方や同僚など、退職される方が増えてきそうです。

懐かしくも、お世話になったことへのお礼など、義理を欠いていたので、これからはこうした機会も大切にしたいとつくづく思いました。



それでも、健康診断もあり、飲みすぎ注意報発令中です。

一人でも多くの方へ、感謝の気持ちを伝えないと。









広告の頻度

23001784


最近、Facebookで広告の出る頻度が高くなってきたと感じます。

またtwitter や LINE も同様で、やはり無料で使える SNS もそろそろサービスを無料にする限界にきているということなのでしょうか。



そのように感じる SNS 上において、企業が気を付けないとならないのが、自社製品やサービスのアピールが度を超すと、見ているユーザーがうんざりしたり不快に感じるということでしょうか。

素晴らしい製品やサービスであれば、その素晴らしさをどのように伝えるべきなのか。

とても難しい時代に入ってきたことを自覚しながら、まずは自社サービスのホームページを持つことの重要性、そしてそれらを使うことによる体験のすばらしさを、アピールするべきでしょう。



例えば、とても素晴らしい製品があったとして、その製品の性能のすばらしさを伝えることよりも、その製品を使うことによってもたらされる豊かな生活をイメージさせた方が良いのでしょう。



町内会も、入会する人が減ってきている現状で、入会した後の生活の変化や住みやすさを具体的にイメージしていただけるように勧誘しなければならないのでしょう。

今までのように、町内会に所属していないと、こういう面で困りますよ!というデメリットを強調して追い込むのではなく。。。

そして、これからの時代、ホームページを持つことの大切さを把握しておく必要があります。







バイク乗りのあいさつ

23777865


先日の「道の駅」巡りで、少しだけ仲良くなったバイク乗りの方とのコミュニケーション。

基本的に、どうやって挨拶すればよいのか、どんな話題を話せば無難なのかをお話ししますね。



でも、私もそれほどヘビーなバイク乗りではないので、間違えているかもしれません。

その前提で、今までの経験から。



基本、なるべく褒め合います。

「良いバイクですね!」「カッコいいバイクですね」「いい色ですね」

逆に、禁句は

「そのバイク、何 なの?」「●●色(他色)の方がかっこいいよね」「タイヤ、あまり端の方使っていないんですね」

まあ、言われたことないですけどね。(笑)

「何 なの?」はバイク乗りなら一度は経験があるかも。

そういう人のことを、バイク乗りは「ナンシー」と呼んでいます。

おじさんナンシーは、そのあとで「自分も昔は・・・」が始まるんですよ。

これ、私はそれほど気にならないけど、嫌がられることが多いみたいですよ。



バイク乗り同士、走行中にすれ違う時には、ピースサインや手をあげたり手を振ったりして無言のあいさつ。

この挨拶のことを、ヤエーって言うらしいですよ。

お互いに「いいね!」「こんにちは!」とか「道中気を付けて!」みたいな感じですかね。

こっちが出していても、気づかれないこともありますけどね。。。



まあ、コミュニケーション能力が高い人はバイク乗りにそれほど多くない気がします。

特に一人でバイクに乗ってツーリングしている人は。

あんまり話しかけられたくないと思っている人が多いかも。(自分を含めて)

ま、一人になりたいからバイクに乗っている感じかな。



私とは人種が違うと感じるのが、ハーレーのようなアメリカンバイクに足を広げてまたがって集団で走っている人たちとか、旧車でマフラーを改造して爆音で蛇行運転している人たちとか。

なるべく、駐車する際にはこうした集団からは距離を空けています。はい。

逆に、ソロツーリングしている人同士だと、なんとなく勝手に仲間意識を持ってしまいます。



バイクで風を切って走っているときには、景色を見ながら、頭の中が整理されたり、気分転換できたりします。

バイクに興味のある方、バイクでツーリングを楽しんでいる方、共感してもらえるかな。。。








プロフィール

キリマンジャロ

「パソコン教室」と「PCサポート事業」を経営。
仕事では愛車のバイクで駆けつけます。
趣味はツーリングと、軽登山。
町内会長もやってます!

QRコード
QRコード